映画解説「ザ・フライ」愛と老化と死を描いた悲劇の物語。
スポンサーリンク

映画解説「ザ・フライ」は愛と老化と死を描いた悲劇の物語

とんでもないものを観てしまった・・・!!

初めて観終えた時に、そう思いました。

本作品の感想をぎゅっと凝縮したツイートをしているので以下に示します。

一度は観ていただきたい映画です。

本作品はこんな人におすすめです
  • ホラー映画を観たい人
  • 悲しい物語が観たい人
  • 「第9地区」「ミスト」「セブン」「バタフライ・エフェクト」などの言葉に反応する人
いずれかに当てはまっていたらおすすめです!

本記事では、作品情報やあらすじに加えて、解説を交えて感想を述べていきます。

ザ・フライの作品情報

原題THE FLY
ジャンルホラー/SF
製作年・上映時間1986年・97分
キャッチコピーBe afraid. Be very afraid.
アカデミー賞メイクアップ賞 受賞
原作ジョルジュ・ランジュラン著
『蝿(はえ)』
監督デヴィッド・クローネンバーグ
主なキャスト
(カッコ内は役名)
ジェフ・ゴールドブラム
(セス・ブランドル)
ジーナ・デイヴィス
(ベロニカ・クエイフ)
ジェフ・ゴールドブラム

本作品の主人公セス・ブランドルを演じています。

ジュラシック・パーク」シリーズのマルコム博士。「インデペンデンス・デイ」にも出演。

知性を持ちつつ、ちょっと風変わりな役がハマります。

ちなみに、本作品で共演しているベロニカ役のジーナ・デイヴィスとは、撮影当時は恋人同士でした。

ジーナはジェフの話し方に似てしまっていたため、それを矯正する必要があるほど2人は仲が良かったです。

ザ・フライのあらすじ(ネタバレ無し)

科学者セス・ブランドルは転送機「テレポッド」を発明。

取材に来た新聞記者であるベロニカの前で、無機物を瞬間移動させることに成功。

彼女との関わりの中でヒントを得て、テレポッドを改良し生物の瞬間移動にも成功させる。

その後、泥酔したセスは、人間の瞬間移動として自分自身を実験台にすることに。

転送機の中に自身を投じるも、その中に1匹の蠅(ハエ)が入ってしまう・・・。

(ネタバレを含む詳しいあらすじはMIHOシネマをご覧ください。)

Blu-rayの特典映像は必見。原作も面白いです。短編なので読みやすい。

解説&感想(ネタバレあり)

ハエの生態に基づいた表現

ザ・フライと蠅の生態

テレポッドによって人間セス・ブランドル×蠅=「ブランドルフライ」が誕生してしまいます。

超人的な能力を手にしますが、一方で目を背けたくなるような演出もありました。

ブランドルフライは初めの見た目こそ人間ですが、生態としては蠅になっています。

具体的にどんなところが蠅の生態であるのか以下にまとめます。

「ブランドルフライ」に見られる蠅の生態
  • 甘い物を欲する
  • 手から粘着質の液体を出す
  • 性欲が強い
  • 消化酵素を出す
  • 変態する(幼虫→成虫)

甘い物を欲する

蠅の好きな物は、花粉や果物です。つまり、甘い物が大好物です。

蠅と融合した後のブランドルも、甘い物ばかり食べています。

アイスクリームのバケツ型を食べたり、チョコバーを食べたり。

ベロニカとのカフェのシーンでは、コーヒーに何杯もの砂糖を入れています。

これらのように、急に甘い物を食べだす変化があります。

ちなみに、カフェのシーンでは、ブランドルがベロニカに持論を矢継ぎ早に話します。
まさにうるさい(五月蠅い)ほどに

手から粘着質の液体を出す

蠅は、その手から粘着質の液体を出せるため、天井や壁に留まっていられます。

ブランドルも変化が進行していく中で、爪先から液体が出ました。これはその液体だと考えられます。

性欲が強い

ザ・フライと性欲

蠅は短命(1~2か月)ですが、その間に5~10回ほど産卵します。

よって、その性欲の強さはブランドルフライにも表れています。

6時間もやっていたり、ベロニカと別れた後に別の女性を見つけようとするほどです。

ちなみに、この女性がブランドルにアルコールを体に塗ってあげようとしたシーンにも蠅の生態が表れています。

蠅の体には気門という空気を取り込む穴があり、そこから血液に酸素を取り込んでいます。

ブランドルフライにも気門が出来ているため、アルコールにふれることは血液にアルコールを取り込むことになります。よって、急性アルコール中毒になり死に至る可能性が出てきます。

そのため、ブランドルはアルコールを過剰に拒否したのです。

消化酵素を出す

ブランドルフライの変化が進行している中ほどで、ブランドルの食べ方が変わります。

歯が抜けて噛めないために、口から白い液体を出します。

この液体は「タンパク融解酵素」と考えられます。

蠅の幼虫であるうじ虫は、このタンパク融解酵素を出すことで、たんぱく質を融かし摂取します。

ブランドルフライは、二足歩行ではありますが、この時点ではまだ「うじ虫」レベルだということも分かります。

変態する(幼虫→成虫)

この要素が一番衝撃的な展開を生んでいます。

ブランドルフライの最終形態は、観ているこちらも言葉を失ってしまいました・・・。

蠅は、うじ虫から脱皮を繰り返し、やがてさなぎを経て成虫になります。

先ほど、消化酵素を出している時点ではまだ「うじ虫」だと述べました。

物語のいよいよ終盤、ベロニカをテレポッドに入れようとする時に、ブランドルフライは「成虫」段階へと変わっていきます。

最後の脱皮を終えたブランドルフライの姿は、もはや人間の面影もない目を背けたくなるような姿です。

このように、変態するという点でも蠅の生態を表しています。

ちなみに、ショウジョウバエの遺伝子の約60%が、ヒト遺伝子と相同性を持ちます。さらに「成長」に関わる遺伝子も似ていることが明らかになっています。

監督は本作のことを「ブランドルフライの一生を描いたドキュメンタリー」とも表現しています。

1958年『蠅男の恐怖』との違い

「ザ・フライ」は1958年制作の『蠅男の恐怖』のリメイクです。

しかし、2つの作品では相違点がいくつもあります。

以下にまとめます。
「ザ・フライ」と「蠅男の恐怖」の違い
  • 「蠅男の恐怖」は原作「蠅」に忠実
  • 物語の展開は、主人公の妻の回想というかたちで進行する
  • 転送に初めて入れる動物が違う
  • 転送に初めて成功する動物が違う
  • 融合ではなく、体の一部が入れ替わる
  • 転送直後に言葉を話せなくなる
  • テレポッドが危険だと考え、自ら壊す
  • 「ザ・フライ」では『助けて』とブランドルが言うが、「蠅男の恐怖」では違っている
  • 映画の結論が「人知を超えるものが存在する」ということ

監督が原作から加えた〇〇

ザ・フライとクローネンバーグ監督

「ザ・フライ」が公開された当時は、エイズの批判映画ではないかと言われていました。ちょうど性感染症の問題が世間を騒がせていたからです。

しかし、その意見は監督からしたら見当ちがいでした。

監督はこの「ザ・フライ」を『愛と老化と死を描いている』と述べています。

ブランドルとベロニカが出会ってお互い恋に落ちます。

ブランドルフライになってしまい、姿がだんだんと変わっていく様は、人間でいう老化にも当てはまるでしょう。

姿が醜くなってしまっても、ベロニカは希望を見出そうとするときがありました。

しかし、その願いも叶わず、悲しい結末を迎えてしまいます。

「蠅男の恐怖」との大きな違いの1つに「言葉の有無」があります。

クローネンバーグ監督は、本作において「言葉」は必要と考えました。

ブランドル自身に、自らの体に起きている変化を言葉で表現してもらってこそ、観客の共感を得られると考えたのです。

結果的に、それは成功していると思います。

結末の衝撃の強さがそれを証明しています。

Blu-rayの特典映像は必見。続編も面白いですよ。
記事一覧